わきがが子供にも遺伝してしまったら。

保険適用で手術も出来る

自分の体臭に異変を感じた / わきがチェック表 / 保険適用で手術も出来る

その当時、今では普通に使われている制汗剤は、あまり種類もなく子供ながらに買いづらい雰囲気だった。
だけど、症状を自覚してしまったら気になって仕方がなくなってしまう。
少ないお小遣いを持って薬局に行きました。
だが、制汗剤を使っても臭いを抑えられても多汗症や黄じみ等は治せないのです。
中高生の時は、どんな悩みよりもこの症状をいかに周りにバレずに過ごすかということを常に悩んで考えていた気がします。
常に制服には使い捨ての汗取りパッドをつけて、汗じみを目立たないようにしたり、汗拭きシートを常に常備して少しでも汗をかいたら拭くようにして、お風呂では入念に洗ってみたり、体臭がきつくなると言われる肉類を避けてみたり自分でなるべくお金のかからない方法で対処してきました。
今、30代になったが年齢に連れて症状が治まってきている気がする。
金銭的にも手術という方法は可能だが今は必要ないと感じている。
だが、今は違う悩みがある。
自分の子供についてです、先に話した通りわきがは遺伝の可能性が高いとされている。
もしかしたら自分の子供に遺伝してしまうかもしれないという居た堪れない気持ちになるのだ。
だが、自分が幼い頃一人で悩んで辛かった経験があるからこそ、子供の変化に気付いてあげて相談にのってあげたいと思っている。
たまに症状に気付かなく周りの人達に不快にさせてしまう事もあるようなので、自分が敏感になってアドバイスや対処法を一緒に考えてあげたい。
子供が望めば手術も視野に入れています。
保険適用で手術も出来るので悩みを抱えさせるより一発で悩みを取り除いてあげたいと思うのが親の心情です。